記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】星野陸也も実践「ストロークを安定させる練習法」 片手打ちで正しい動き確認 (1/2ページ)

★星野陸也(2)

 私もパッティングの練習には長い時間を割いています。

 正しい構えを完成させたら、次にやるのは片手打ち。両手それぞれが正しい動きをしているかどうかを確認します。

 まずは右手1本でストローク(〔1〕)。左手を左足太モモのあたりに置き、右手だけでボールを打ちます。この右手打ちのときに気を付けたいのは、パターを長く持ちすぎないことです。通常、両手でグリップするときは、左手が上、右手が下で握る人が多いと思うので、そのときと同じように右手は低い位置で握るようにしてください。

 次に左手1本でストローク(〔2〕)。この場合も、通常の左手を握るあたりでグリップすること。使わない右手は、写真のように左肩のあたりに置いておくと左手のストロークがしやすくなります。

 片手打ちを終えたらいよいよ両手打ちとなるのですが、通常のグリップで打つ前に、写真のように両手のひらでパターのグリップを挟む感じで持ってストロークする練習を行います(〔3〕)。これによって、手の力をできるだけ使わないで打つという感覚が養われるからです。

 両手で挟んだだけなので、手元が頼りない感じがしますが、その分、上半身の大きな筋肉を使った振り子運動が体感できるのもこの練習の利点です。

関連ニュース