記事詳細

【勝者のワザ】勝みなみの「ドライバーショット」を参考に… コッキングはアドレスで決めろ! 左手首の“角度キープ”は最も大切な要素 (1/2ページ)

★ブリヂストンレディス優勝

 今季2勝目を挙げた勝みなみのドライバーショットには、アマチュアにも参考になる、いや参考にすべきポイントがある。それは、左手首のタテの角度(コッキング)である。

 コッキングは、飛ばしに欠かせないばかりか、フィニッシュまで気持ちよく振り切るための技術なのだが、勝のトップスイングは、一見ノーコックではないのかと思われそうだ。実際には、必要なだけのコッキングは、している。ただし、テークバック後のスイング中に左手首を親指側に折っていくという従来型の方法ではない。

 アドレスでコッキングを作ってしまっているのだ。左指の付け根のちょっと指先側にグリップを当てて、指先から巻き込むように握るフィンガーグリップで握り(もっともしっかり握れる)、親指を伸ばすロングサムにする。これで、左手首を親指側に折って右手を添えるとハンドダウンのアドレスができる。左腕とシャフトには120度前後のタテ角度ができる。

 左腕とシャフトとのタテ角度が足りず、ハンドアップ気味にアドレスしている人は、左親指を詰めて短く握るショートサムにしているのではないか。飛ばす必要のないグリーン周りのアプローチショットでは有効だが、ドライバーショットには適していない。ショートサムでスイング中にコッキングしようとすると左ヒジが折れ曲がってしまう。フォロースルーもとりにくく、当てるだけのスイングになりやすい。

関連ニュース