記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】切っても切り離せない「道具選び」 トップにはローバンス、ザックリにはハイバンス ソール幅も重要 (1/2ページ)

★道具の選び方編

 今回はアプローチの最後になりますが、切っても切り離せない道具選びについてお話致します。前項でも少し触れましたが、地面の硬さとバンスの使い方で、ダフリもトップもあり得るのがサンドウェッジやアプローチウェッジなのです。

 ウェッジはバンスが多ければ簡単、少なければ難しいと考えている人も多いかもしれませんが、それは違います。これまで色々な打ち方を紹介してきましたし、それらを試して頂ければわかるように、自分の得手不得手があったと思います。

 地面の硬い人工芝でボールを左に置いたとき、バンスで弾かれトップしか打てない人もいたでしょうし、逆に雨の日などで地面が柔らかいときやラフでボールが浮いているとき、ボールを右に置いて上から打とうとすると、ザックリやフェース上部に当たって食われたような感触になり、飛ばないボールが出てしまう人もいたでしょう。

 これらは実際に練習してみて、得手不得手を判断しましょう。その上で自分にとって適正なバンスの量やロフトの角度を見極めてください。

 もし硬い地面で弾かれることが多い人は、ロフトの立っているローバンスのクラブを選んだ方がナイスショットの確率が上がります。逆に柔らかな地面でザックリしてしまいがちな人は、ロフトの寝ているハイバンスのクラブを選ぶと良いでしょう。

関連ニュース