記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】想定外のミスで動揺したときの応急処置は? 今持つスイングを財産だと思って大事に育てよう (1/2ページ)

 【今週の質問】コースで想定外のミスが出てしまい、動揺してスイングがバラバラになって、ゴルフにならなくなってしまいました。こういうときの応急処置はどうしたらいいでしょうか。

 変えない勇気というのも必要ではないか。

 うまくいかなくなると、何かが悪いのではないかと考えて、修正したくなる。本当に悪いところがあればそれでいいのだろうが、修正することで余計に悪くなるということも多い。

 習字をやっていて、ちょっとかすれたところがあるのでちょこっと墨をつけたら、他にも気になるところが出てくる。あっちもこっちも直しているうちに、とんでもない太い線になってしまい、先生に怒られる。何もしないままの方がよかったはずだ。

 コース上で想定外のミスが出たりすると、焦っていろいろなことをやりたくなるものだ。アドレスを変えたり、テークバックを変えたり、タイミングを変えたり。

 そこでグッとこらえて、「そのうち当たってくるだろう」という気持ちを持ってプレーし続ける辛抱強さがないと、いつまでたってもスイングはまとまってこない。

 完璧を求めすぎるのも大きな好不調の波をつくってしまう原因になる。そこそこの結果がそこそこの確率で出るのがいいスイングだ。

関連ニュース