記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】自然なフェースターンをマスターするには? テークバックで右腕をたたみ、インパクト後に左腕をたたむ

 そもそもフェースターンとはインパクト直前で急激にヘッドを返すことではなく、バックスイングで開いていったフェースが切り返しから徐々に戻ってインパクトでスクエアになることを意味します。そして、この動きは自分に合ったクラブを使えば自然に行われるようになっているのです。

 しかし、ほとんどの一般ゴルファーは自然に行われるべきフェースターンを妨げる動きを意図的に行っているようです。そこを改善するためには基本となる腕振りの動きを覚えると良いでしょう。

 その腕振りのイメージは次の通りです。まず自然に右腕をたたみつつ(写真〔1〕)、左腕は伸ばしたまま左腕のストレッチをするように左胸に押し付けながらテークバックします。そして、インパクト後は左腕をたたみつつ(同〔2〕)、右腕は放り出すように伸ばしながら右手で左肩をつかむように振り切ります。

 この腕振りのイメージの根拠は、腕は肘を伸ばしている状態では内側に回転(内旋)しやすく、肘を曲げると(小さく“前にならえ”の状態)外側に回転(外旋)しやすいという構造的な特徴から考えています。

 ですから、インパクト以降、プロの写真に惑わされて両腕を伸ばしたまま大きく振り切ろうとすると伸びた左腕が外旋しにくくなることでフェースが返らなくなってスライスに悩むことになるのです。

 腕の構造を理解し、テークバックは自然に右腕をたたみ、インパクト後からは左腕を素早くたたみながらグリップを左肩に近づけていくイメージでスイングすれば、自然なフェースターンを妨げることなく、むしろスクエアなフェースの動きを手助けしながらスムーズにヘッドを走らせることができるようになるはずです。

関連ニュース