記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】アイアンのミート率を上げるドリル 低い球を打つ意識、目線は低めに (1/2ページ)

★藤田寛之(1)

 「ドライバーやフェアウエーウッドに比べてアイアンはうまく打てている」

 アマチュアゴルファーにはそう思っている方が多いようですが、実際にプロアマなどで一緒にプレーをすると、比較的当てやすいショートアイアンでもダフったり、下からすくってしまったりと、ミスを連発する人が多いように思います。

 その原因はいろいろ考えられますが、ヘッドの入り方に問題があるケースが多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、我々プロでも、師匠の芹澤信雄プロから「時々やるように」言われている、“チームセリザワ”オススメの「アイアンのミート率をアップするドリル」を紹介しましょう。

 アイアン(番手は何番でも可)を持ち、ボールをティーアップします。ティーの高さは低すぎなければOK。ドライバーを打つときの高さがひとつの目安です。

 そしてこのティーアップしたボールを打つわけですが、普段マット(地面)から打ったときに上がる高さの約半分の高さを狙って打つようにしてください(写真〔1〕~〔4〕)。

 高さをコントロールするというのは、実際のラウンドではもちろん、普段の練習でもほとんどやらないと思うので最初は難しいかもしれませんが、とにかく「低い球を打つ」ことを心がけてください。

関連ニュース