記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】理解すれば簡単なバンカーショット 「ボールの下2センチ」を通過させる (1/2ページ)

★バンカー打ち方編

 バンカーと聞くだけで嫌だ、出ない、と苦手意識しかない人も多いと思いますが、実はどのようにしたら出るかを理解すればラフよりも簡単です。信じられない人も多いと思いますが、一番大切なのは、「クラブヘッドのリーディングエッジがボールの下2センチを通過する」ことです。

 ボールの手前ではなく、「下2センチ」というのがとても大切です。難しいのは、構えるときにソール(クラブを地面につけること)できないため、ボールの上にセットしなければならず、ボールとの距離感とハンドダウン(グリップを低くすること)の感覚が通常とは異なるという部分で、多少練習は必要です。

 練習といっても、砂の上でできる環境にはなかなかめぐりあえません。そこで今回は練習場でもできる方法も紹介します。

 まずは構えです。オープンスタンスでは構えません。ボール位置はドライバーと同じ左足踵線上です。出すだけを考えるなら、フェースは開かない方がよいでしょう。体重は左足が多めの7:3で、スタンスもドライバーと同じか、それ以上に広くします。

 クラブのヒール側が砂に入るようにトゥを地面から5センチ以上浮かせ、しっかりとハンドダウンで手元を低く、腰と膝を深く折って構えてください。ボールとの距離感は、ハンドダウンした状態でヒールの前にボールがセットされるように構えましょう。

関連ニュース