記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】ソフトバンク・釜元を“プチ・ブレーク”させた王会長の金言「徹底的に意識しろ!」 (2/2ページ)

 遠投は100メートル、50メートル走6.0秒で、16、17年ウエスタン・リーグ盗塁王。王会長の打撃指導はこうだった。

 「上体だけでのスイングでは1軍クラスには対応できない。下半身リードでバットを振る。それを徹底的に意識しろ!」

 拙稿が宮崎キャンプを訪ねた2日間、いずれも1時間近いマン・ツー・マン指導があり、必死にバットを振る釜元が印象的だった。

 “備えあれば憂いなし”という言葉があるが、抜け落ちたパズルのピースがピンポイントで収まった。ちなみに釜元の今季成績は、2割5分、4本塁打、11打点(9日現在)。

 そういえば数年前…。守備は一級品だが、打撃で伸び悩む今宮健太に対しても、王会長は動いた。シーズン中、目立たぬ室内練習場で何度も打撃指導している姿があった。おかげで今季は2割9分2厘、9本塁打、24打点(9日現在)と覚醒した。

 王会長、やはりすごいんです!(産経新聞特別記者・清水満)

関連ニュース