記事詳細

オルティス氏銃撃事件、容疑者6人を拘束 報酬は84万円

 米大リーグ、ボストンレッドソックスのスーパースターだったデービッド・オルティス氏(43)が故郷ドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴで銃撃された事件で、逮捕された容疑者の主犯格に約84万円の報酬が渡っていたと地元警察が発表した。

 米スポーツ専門局ESPNによれば、主犯格とされる銃撃犯は現金40万ペソ(日本円で約84万円)の報酬を受けた上で犯行に及んだのだという。これまでに容疑者は6人逮捕されているが、他にも関与した者がいる可能性もあり捜査が続けられている。

 オルティス氏の妻、ティファニーさんは声明でオルティス氏の容体が安定していることを説明、「数日はICU(集中治療室)留まるが、回復に向けて順調」と述べている。

関連ニュース