記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】軌道をダウンブローにするためのドリル 「ダウンブロー=鋭角にヘッドを入れる」は間違い! (1/2ページ)

★藤田寛之(2)

 「アイアンはダウンブローで打て」とよく言われます。ダウンブローとは、クラブヘッドがスイング軌道の最下点に達する前、ヘッドが下降しているときにボールをとらえることをいいますが、なぜこの軌道がいいのでしょうか?

 理由はいくつか挙げられますが、「鋭角にヘッドが入るので、フェースとボールとの間に芝が入りにくい」「フェース面の上から下への擦れが大きくなり、バックスピンがかかりやすい」「ロフトが立って当たるので、飛距離が伸びる」というのが主な理由です。

 これらの理由からも分かるように、ティーアップしていない地面にあるボールを打つアイアンショットの場合は、「ダウンブロー」が絶対条件になるわけです。

 しかし、アマチュアゴルファーの多くは、残念ながらダウンブローで打てていません。それどころか、ボールを上げたいという気持ちが強すぎるのか、逆にすくい打っている人がいるくらい。これでは飛距離も出ないし、番手間の飛距離差も出てきません。

関連ニュース