記事詳細

ローズ単独首位、ウッズ28位 全米OPゴルフ

 終盤3ホールで3連続バーディーを奪ったジャスティン・ローズ(英国)が6アンダー65で単独トップ。リッキー・ファウラー(米国)が66で回り、2位につけた。ロリー・マキロイ(英国)も68で回り、3アンダーで7位につけた。

 大会3連覇がかかるブルックス・ケプカ(米国)は前半、1、3、5、6番で順調にバーディーを積み重ねたが、後半崩れ、松山と同じ2アンダー、16位で初日を終えた。

 メジャー通算15勝のタイガー・ウッズ(米国)は4番でバーディーを先行させたが、5番(パー3)でティーショットを大きく左に曲げてダブルボギーをたたいた。しかし6、7番ですぐにバーディーを奪い返し、ギャラリーの喝采を浴びた。折り返し後はすべてパー。1アンダー、28位と奮闘。