記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】バンカーショットを「シート式」と「イメージ式」で距離感を作る (1/2ページ)

★バンカーショット距離感編

 少し前までは出ればいいと思っていたのが、出せるようになると「寄せたい!」と欲張りたくなりますよね。

 アプローチ編で作成した距離感シートがこんなところでも活躍してくれます。バンカーショットの距離感は、その3倍の距離のアプローチをするつもりの振り幅で打てば合わせることができます。

 例えば、20ヤードのバンカーショットを打ちたいと考えるなら60ヤードのアプローチの振り幅を使って、前編で紹介した「構え」「ボール位置」「ボール下2センチを打ち抜く」を実行すればよいのです。

 バンカー用のシートも作ってみました。参考にしてみてください(別表)。レベルが上がって、さらに細かい距離感を出したいと考えているシングルやプロの人は、このシートを使ってください。

 シートを使うよりも、距離感をイメージで出したいならば、バンカーショットは一番遠くまで飛んだ砂粒と考えてください。距離感を養うにはボールを打つ練習はいらず、砂を打って砂をどこまで飛ばせるかの練習をする必要があるのです。

関連ニュース