記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】バンカーショットを「シート式」と「イメージ式」で距離感を作る (2/2ページ)

 柔らかな砂は鋭角にヘッドを入れれば一気に重くなり、ヘッドが抜けなくなります。逆に硬い砂で鈍角にヘッドを落とすと、弾かれてボールに直接当たり、トップしてしまいます。

 ですから、「ヘッドか砂に弾かれる砂か」、「沈む砂か」を見極めてください。それに合わせた振り幅とボール位置を選び、ヘッドの入射角を変え、バンスとフェースのターン度合いを巧みに組み合わせましょう。

 砂をどうしたら狙った場所に落とせるのかを練習し、想像ができるようになれば、距離感を作ることができます。

 脱出することを優先する距離感シート式と、イメージ式で距離感を作ってみてください。(モデル・野田すみれプロ)=撮影協力=赤羽ゴルフ倶楽部

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース