記事詳細

【勝者のワザ】関節可動域が狭い人にオススメ“堀川流ターン” 可動域の広い人は「マキロイ型」 (1/2ページ)

★日本ツアー選手権優勝 堀川未来夢

 ツアー初優勝を果たした堀川未来夢のアドレスには、大きな特長がある。ハンドアップ気味にしていることで、グリップエンドと体の間隔が遠くなっているところだ。

 通常、グリップエンドと体の間隔は、こぶし2個か2個半分ぐらいが適正とされている。前傾姿勢をとり、腕をダラーンと垂らした状態でクラブを持つと、そんな間隔になり、自然体のアドレスをとれる、というものだ。堀川の場合は、それよりも前に腕を伸ばしているから、間隔は倍ぐらい開いている。

 この格好だと、アドレスでの前傾角度は浅くなる。メリットは、体のターンが楽になるところだ。肩をレベルターンしやすく、体への負担が少ない。体が硬くなったという人や、関節可動域が狭い人には、堀川流アドレスによるスイングの方がスムーズに体をターンさせることができるだろう。

 さらに、シャフトプレーン(アドレス時のシャフトの傾きを維持したままスイングした時にシャフトの軌道がつくる面)とスイングプレーン(ボールと首付け根を結んだラインの軌道がつくる面)の差が少なく、ほぼワンプレーンの軌道をなぞりやすくなる。これは、スイング、ショットをコントロールするには、大きなメリットとなり、正確性を保ちやすくなる。

関連ニュース