記事詳細

スケートボード・女子パーク、12歳岡本碧優がV

 東京五輪のヒロインはここまで若年化している。

 来年の東京五輪で新採用されるスケートボードの五輪予選対象大会、デュー・ツアーは16日、米カリフォルニア州ロングビーチで各種目決勝が行われ、パークの女子は12歳の岡本碧優(Proshop Bells)が63.16点で優勝した。2位のフィンランド選手に8.16点差の快勝だった。岡本は準決勝を1位で突破し、高難度のトリックを次々と成功させた。

 10歳の開心那(hot bowl skate park)が53.06点で3位に入った。

 ストリートは男子で17歳の白井空良(ムラサキスポーツ)が35.06点で2位。優勝のオーレリアン・ジロー(フランス)に0.37点及ばなかった。

 女子は12歳の織田夢海(ムラサキスポーツ)が5位で、今年1月の世界選手権(ブラジル)を制した西村碧莉(木下グループ)は6位だった。パメラ・ロザ(ブラジル)が優勝した。

関連ニュース