記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ショットのばらつきなくすには? 急加圧、急加速は厳禁 (1/2ページ)

 【今週の質問】ショットが左右にばらついて困っています。力んでダフることもよくあります。安定したショットを打つために大事なことは何ですか。

 安定したスイングをするには、急激な操作をしないことが大事だ。スイングのどこかの局面で、急激に力を入れたり、加速させたりということをすると、乱れる原因になる。

 スイングは滑らかな円軌道がシンプルといえる。しかし、どこかで急に力を入れると、たちまち軌道はいびつになってしまう。力を入れるような意識があると、右手を極端に使って飛ばそうとしたり、急に足で地面を蹴って体重を移動させたり、はねたりという動きにつながりやすい。だから、ここ一番で意気込んだりするとミスが出たりする。力を入れる場所によって、スイングの軌道、形は変化してしまうのだ。

 アドレスは自然体で構え、テークバックをクイッと手先で上げるのではなく、大型の高級車がゆっくりと走り始めるようにスーッとテークバックをスタートする。急発進すると全体がせわしなくなる。

 トップからの切り返しでは力が入りやすいので、ここで急アクセルを踏むような動きにならないようにする(写真〔1〕)。力むと、クラブヘッドは地面に向かって急降下し、ボールのはるか手前をダフることもある。

 力まないようにするには、グリップを握りしめないようにする。強く振りたいという意識が出ると、どうしてもグッと握りしめて切り返すことになる。ここでアクセルをふかしてしまうと、しっかりとフィニッシュまで振れなくなってしまう。

関連ニュース