記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】ヒールアップは無駄な動きか 男子やシニア選手に多く存在する理由は

 最近は主に女子ツアー選手のスイング解説で度々ベタ足打法が紹介され、それを良しとしたレッスンを多く見かけますが、取り入れるかどうかは女子のように柔軟性などの体の特徴が備わっているかどうかがポイントになります。ですから、男子やシニアツアー選手の中には体の特徴から必然的にヒールアップ派がまだ多く存在するのが事実です。

 ヒールアップの最大の利点は重心移動が大きくできることです。テークバックで左足カカトを上げることで右足にしっかり重心を移すことができ、切り返しのタイミングから左足カカトを踏み戻すことによってバックスイングで生まれたエネルギーを効率良くボールに伝えることができます。

 ドラコン選手の中には、この重心移動を最大限に使うために野球選手の1本足打法のようなテークバックで軸足1本で立ち、大きく重心を移動させてからダウンスイングで強烈に左足を踏み込んで打つという人もいます。

 また、ヒールアップはスイングのタイミングを一定にするための効果もあります。つまり、正しいスイングのリズムとテンポをつかさどるために、テークバックとダウンスイングの時間の割合を正しく一定にすることができるというわけです。

 特に打ち急ぎや手打ちになりやすい人はドライバーからアプローチまで、ヒールアップをしながら一定のスイングのタイミングを見つけるようにしてみてはいかがでしょう。そうすれば宮里藍選手のような、ゆったりとした大きなスイングアークでしっかりと下半身を使いながらミート率も落ちないスイングが実現できるはず。

 スイングが番手によって安定せず、飛距離も十分に出せていない人は、是非一度試してみてください。

関連ニュース