記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】重要なアプローチとショットの系統付け 膝を動かして打つことを意識! (1/2ページ)

★宮本勝昌(1)

 スコアメークのカギを握るとも言われるアプローチ。我々もアプローチの練習にはかなりの時間を割き、その技術を磨きます。

 そこで今回は、「アプローチのスイング」について、チームセリザワで重視しているポイント(考え方)を紹介したいと思います。

 芹澤信雄プロが最も重要なポイントとして挙げるのは、「アプローチの打ち方とショットの打ち方がつながるようにしなければいけない」ということです。たとえばレッスン書などでは、「左サイドをブロックして打て」とか、「下半身はできるだけ使わないように」といった打ち方を教えている場合がありますが、このようにアプローチ用の特別な打ち方はするなというのが芹澤プロの教えなのです。

 私もその教え通り、たとえピンまで20ヤードという短い距離でスイングの幅が「9時~5時」くらい小さくなるときでも、ヘッドだけを走らせるとか、インパクトでヘッドを止めるというようなことはせず、ショットと同じようにしっかり体を動かして、ピンを狙っています。

 特に注意しているのは膝の動きです。通常、ショットを打つときはどんなスイングの人でも膝の動き、いわゆるニーアクションが入るものですが、アプローチのときでものようにテークバックでは両膝頭が右に、フォロースルーでは左に向くようにしっかり膝を動かしてボールを打つようにしています。

関連ニュース