記事詳細

快挙! 八村塁、日本人初のNBAドラフト1巡目指名 「クレイジー、現実ではないような気持ち」 (1/2ページ)

 日本人初の快挙だ。20日(日本時間21日)、米ニューヨークで行われた米プロバスケットボールNBAのドラフト会議で、日本代表のエース、八村塁(21)=米ゴンザガ大=がワシントン・ウィザーズから1巡目の全体9位で指名を受けた。ドラフト1巡指名は日本人として初の快挙となり、日本バスケットボール界に新たな歴史が刻まれた。

 「ルイ・ハチムラ!」

 興奮に包まれたニューヨークのバークレイズ・センター。名前をコールされると、八村は笑顔で立ち上がり、天に右手の人さし指を掲げた。この日のために駆け付けた母・麻紀子さんらと抱擁した。

 「クレイジーですね、現実ではないような気持ちだ。日本にとって大きな意味を持っている。家族に感謝しています。まずは中学のコーチに感謝したい。最初に練習に行ったとき、彼がNBAに行けると言ったので、それを信じてやってきた。高校のトレーナー、コーチみんなに感謝したいです」

 そう英語で語った八村はえんじ色のスーツの襟元には日本国旗のピンバッチを付けて臨み、会場では日の丸を振って喜ぶ観客の姿もあった。八村は、最後に日本のファンに「皆さんやりました。日本人初、NBAです!」と笑顔の中にはホッとした様子もうかがえた。

 1981年の岡山恭崇氏(8巡目指名、入団せず)以来、日本人2人目のドラフト指名。田臥勇太=栃木、渡邊雄太=グリズリーズ=以来3人目のNBA選手となる。

関連ニュース