記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】ヘッドの入射角度とフォロー取る量を変える ボールに向かうとき「砂の硬さ」確認 (1/2ページ)

★バンカーショット 砂種の違い編

 前週のバンカー脱出法は、フカフカでもカチカチでもないちょうど良い砂質で説明していました。

 この打ち方をしたのに、「砂に弾かれてホームランした」「トップしてアゴを越えられなかった」「砂の中にヘッドが入り過ぎて抜こうと思っても、ボールに勢いが出ず、脱出できなかった」という人は、砂質を見極めなければならないということを理解してほしいと思います。

 「砂質なんてプロじゃないんだから」という声が聞こえてきそうですが、知ると知らない、やるとやらないでは大きな違いがあります。

 まずはボールに向かうとき、砂の硬さを確認しましょう。歩いていて、ほぼ足跡が付かず、ベアグランドを歩くようなら硬い砂です。逆に靴の中に砂が入りそうならフカフカの軟らかい砂です。

 また、構えるときに足をグリグリ回転させて砂に沈めますよね。靴に砂が入らなければ硬く、逆に靴が埋もれる感覚なら軟らかい砂です。それぞれでヘッドの入射角度と、フォローを取る量を変更しなければなりません。

 硬い場合はコックを使って鋭角に、ボールのギリギリにヘッドを打ち込みましょう。そのときフォローは取りません。

関連ニュース