記事詳細

【神谷光男 スポーツ随想】大相撲有識者会議発足も問われる実効性 王貞治氏らの提言は親方衆に受け入れられるのか

 『大相撲の継承発展を考える有識者会議』が発足し、21日に第1回会合が両国国技館で開かれた。昨年暴力問題再発防止検討委員会から外国出身力士に対する指導のあり方など、大相撲の伝統を踏まえた上で外部有識者による協議が要請されていた。

 有識者のメンバーはプロ野球ソフトバンク会長の王貞治氏、歌舞伎俳優の松本白鸚、女優の紺野美沙子ら8人で各界の著名人ばかり。王氏は「相撲は日本の人にとって小さい時からずっと自分の生活の中に入っている。その相撲が(不祥事などで)あれこれ言われるのはうれしいことではない」と語った。

 今後は3カ月に1回程度会合を開くという。メンバーは誰もが認める立派な人物ばかりだが、大の相撲好きで普段から足繁く国技館に通って相撲を観戦している、という話は聞かない。少子化時代の新弟子確保や、国際化に伴う対応策などプロの親方衆でさえ頭を抱える難問に、どんなアイデアを出してくれるのか。

 「“世界の王”さんのことだから、グローバルな視点から相撲界を観察した上で意見を述べてくれると思うが、みなさん相撲界の実態をどこまで理解しているかが気になる」とある親方。

 何が起ころうと「ヨカタ(外部の人間)は黙ってろ」と自分たちだけで処理してきた相撲界だが、時津風部屋の力士暴行事件を契機に文科省からの強い指導で外部役員を置くようになった。

 「王さんを担ぎだせば、どこからも文句は出ない。だけど、若い親方衆だってみんな真剣に考えている。まずそうした意見を内部で吸い上げるのが協会の仕事ではないのか」という若い親方の声も聞いた。

 老後2000万円問題では、有識者による金融庁の審議会が何度も会合を開いてまとめた報告書が「政府の政策スタンスに合わない」としてないものにされた。来年秋にまとめられる、こちらの提言書は、そんな目にあわないとは思うが…。(作家・神谷光男)

関連ニュース