記事詳細

【福島良一 メジャーの旅】事故死、射殺、自殺、突然死…大谷よ「エ軍の呪い」吹き飛ばせ! (2/2ページ)

 それでも悲しみを勇気に変え、2002年に初の世界一。これでようやく悲運の歴史が終わるかと思ったら、2009年にニック・エイデンハート投手が交通事故で死亡。当時のマイク・ソーシア監督は「決して忘れられない悲劇が起きた」と話した。

 昨年12月にも母国ベネズエラでルイス・バルブエナ内野手が交通事故に遭って死亡。だからスカッグスの急逝を聞いて、最初に思い浮かんだのは“呪い”だった。レッドソックスの「バンビーノの呪い」にもなかったような強烈な呪いだ。

 もう、エンゼルスには二度と悲劇が起こらないでほしい。これ以上の犠牲者が出ないでほしい。大谷翔平投手(25)の活躍で呪いを吹き飛ばして優勝してほしいと願う。(大リーグ評論家・福島良一)

関連ニュース