記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】上達したい人へ…手軽にできる“室内素振り練習法” (1/2ページ)

★服部真夕(1)

 上達したいと思ったら、実際にボールを打てないときでも、クラブを握ったり、素振りぐらいはしたいもの。そこで今回は、普段忙しくてなかなか練習場に行けないという人のための、私がいつもやっている効果的な“室内素振り練習法”を紹介します。

 素振りをする環境(部屋の広さ)にもよりますが、使うクラブはミドルアイアンからショートアイアンがオススメ。慣れないうちはウェッジなど短めの番手がいいでしょう。

 まず壁を背にして、お尻が当たるか当たらないかくらいのところに立ち、実際にボールを打つときのようにしっかりアドレスをとります。そして、クラブが壁に当たらないように意識をしながら素振りをします(写真〔1〕~〔4〕)。

 この壁際素振りを最初にやったとき、おそらくほとんどのゴルファーはヘッドを壁にぶつけてしまうと思いますが、それは、バックスイングでクラブをインサイドに引き過ぎていたり、バックスイングの途中からクラブが寝てしまったりしている証拠。また、フォロースルーでもインサイドに引っ張り込むような動きになると壁にぶつかります。そうならないように、体の回転でクラブを振り上げ、フォロースルーでも体の前で両手をしっかり伸ばすようにしてください。

関連ニュース