記事詳細

阪神・大山の爆発ウラに「ジャイアン助言」 悩める4番に“プロセスの大事さ”説く (1/2ページ)

 阪神は17日の中日との「豊橋決戦」に敗れ、今季2度目の6連敗でリーグ4位に後退したが、光明は前日まで8打席連続ノーヒットだった4番・大山悠輔内野手(24)が、1本塁打を含む4打数4安打2打点と爆発したことだ。

 先頭で迎えた2回、相手先発の阿知羅から「自分の間合いでスイングすること」を意識し、6月19日以来の今季11号特大弾を左翼席へほうり込むと、5回にも左前適時打を放った。敗戦後、大山本人は「負けたのですべてはそこです…」とだけ話しバスに乗り込んだが、呪縛を解き放つヒントを与えたのは、現役時代にセ・パ両リーグで本塁打王に輝いた夕刊フジコラムニストの山崎武司氏(50)だった。

 この日の試合前練習中、中日在籍時代から旧知の仲の同級生、阪神・矢野燿大監督(50)や先輩の清水雅治ヘッドコーチと談笑。その場で貧打にあえぐ現状が話題になり、そこへやってきたのが悩める4番その人だった。

 山崎氏は大山が3タコ1四球に終わった前日の試合もテレビ観戦したそうで、指揮官の前で気づいた点を助言したという。「陽川もそうだったけど、見ていてとにかく内角をエラい気にしてるなと。1打席に3球も4球も内角攻めはないので、あとは割り切り。結果がドン詰まりの内野ゴロに終わってもそこではなく、内容を気にしないと」と配球の読みなど“プロセスの大事さ”を説いたという。

関連ニュース