記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】“お前”騒動乗り越え光明…与田監督に課せられたノルマはAクラスで御の字!? (2/2ページ)

 なにしろ中日ファン待望の生え抜きOB監督は12、13年の高木守道監督以来。Aクラスも同様で高木政権初年度の12年の2位以降なかった。さらに「中日の監督はやはり星野仙一が一番だったな」と中日ファンが今でも懐かしむ、昨年1月4日に亡くなった故・星野仙一元監督は、与田監督の恩師だ。

 ルーキーイヤーの1990年に星野監督が与田を守護神に抜擢。31セーブを挙げ、いきなりセーブ王になり新人王を獲得している。そんな経緯もあるだけに、7年ぶりのAクラス入りは故・星野氏への恩返しにもなる。中日ファンとすれば、拍手喝采で与田監督をたたえるだろう。(江尻良文)