記事詳細

落合博満氏、大船渡・国保監督に“助け船”「周りがとやかく言う問題ではない」 (1/2ページ)

 高校野球岩手大会決勝の花巻東戦で最速163キロ右腕の佐々木朗希投手を登板せずに敗れ、甲子園出場を逃した大船渡・国保陽平監督(32)に強力援軍が現れた。

 元中日監督の落合博満氏(65)が25日、JFE東日本が初優勝した都市対抗野球決勝(東京ドーム)で人生初という始球式に登場。声優として活躍している長男・福嗣(31)と信子夫人(74)が見守る中、東芝府中時代の背番号「3」のユニホーム姿でノーバウンド投球。「届いてよかった。感謝の言葉だけですね」とホッとした表情を浮かべた。

 落合氏は佐々木の登板回避について「周りがとやかく言う問題ではない。『投げさせれば勝てるのに』、『なんで投げさせない』という声は出るでしょうけど、指揮を執っている監督が最善策を考えただけのこと」とピシャリ。

 「当事者で解決しなければいけない。自分たちに責任がない人が騒ぐんであって。周りが騒ぎたいのはよくわかるけど、議論してはいけない。彼らには将来があるし、学校には学校の、監督には監督の立場がある」とオレ流節が炸裂した。

 落合氏といえば、中日監督時代の2007年日本シリーズ第5戦で、8回までパーフェクト投球の山井大介投手を交代させ、今回の国保監督同様、物議を醸した。

 しかし「あれは(今回とは)別ですよ。山井が『俺はもうダメ』と言うんだから、ダメなもんはダメ。本人が行くといえば行かせた。ダメというのに、行かせるわけにはいかない。こっちだって困ったんですから」と明かす。そんな裏事情があったのに、落合氏は一切言い訳をせず「監督の仕事はそういう仕事です。ふっふっふ」と全責任をかぶった。

関連ニュース