記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「選ぶ」》eスポーツには爽やかな選手が多い Jリーグやプロ野球が参戦 (1/2ページ)

 対戦型ゲームを競技化した「eスポーツ」が熱い。昨年からは、新たなファン獲得につなげようと、日本野球機構(NPB)やJリーグでも大会を開催。「ゲームがスポーツといえるのか」との疑問を持ちながら、大会を取材したが、リアルの試合と同様の手に汗握る展開に会場は熱気であふれていた。

 eスポーツは、エレクトロニック・スポーツの略。競技人口は欧米やアジアを中心に1億人以上とされる。昨夏にジャカルタ(インドネシア)で開催された「アジア競技大会」ではデモンストレーション競技として実施され、9月開幕の茨城国体でも文化プログラムとして採用されている。

 Jリーグでは今年、新たにモバイルゲーム版のクラブ対抗戦「eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン」をゲームソフト会社「コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)」と共同開催。スマートフォンなどの端末で手軽に参加できることもあり、大会には約21万5000人がエントリーした。

 参加者は、お気に入りのクラブを選ぶことができる。各クラブの代表メンバーは、15歳以下(U-15)、18歳以下(U-18)、全年齢(フル)の3カテゴリー各1人の計3人。予選、選考会を勝ち抜いた計120人がJ1とJ2の全40クラブに所属し、今月14、15日に東京都内で行われた本大会で火花を散らした。

 決勝は、清水エスパルスとFC東京の対戦。各カテゴリー同士の全3戦のうち、2戦先勝で優勝が決まる。