記事詳細

【勝者のワザ】小祝さくら 積極的リストワークでヘッド走らせる コントロール求める場面では手首の角度キープ (1/2ページ)

 スイング理論が、多様化している。

 さまざまなティーチングプロが、独自の理論を展開していて、どれを参考にすればいいのかわからない-というアマチュアゴルファーの戸惑いの声が聞こえてくる。その上にクラブの進化、多様化もあり、ますますわかりにくくなっている。

 ここでは、リストワークに絞って話を進めていきたい。大きく分けて二通りの方法がある。ひとつは、リストターンを積極的に活用してクラブヘッドを走らせていく方法で、こちらを『タイプI』とする。

 もうひとつは、逆にリストワークを抑え、フェースアングルをキープして方向性を良くし、ボディー部のターンスピードで距離をコントロールする方法だ。こちらを仮に『タイプII』としておく。どちらかが正しく、どちらかは間違っているというものではない。

 小祝さくら=写真=のドライバーショットは、タイプIである。リストワークを積極的に使ってクラブヘッドをインパクトに向かって走らせていく。ボールにできるだけ大きな衝撃を与えることで飛距離を叩き出そうとしている。男女を問わず、日本のツアープロは、圧倒的にこちらのタイプが多い。

 小祝は、グリップが右腰の高さあたりにくるハーフウェイダウンから左親指をボールに突き刺すようにリストを返していく。この動きはサムダウンと呼ばれる。サムダウンによってリストはより速く、強くターンしながらボールをとらえる。

 ハーフウェイダウンまでが助走で、そこからはボディーターンを最小限にして、むしろ腕の振りを主体にした“手打ち”こそが大切なポイントになる。

関連ニュース