記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ミスをしない安定感はどうすれば生まれるか? スイングもパットも毎回違うのを受け入れること (1/2ページ)

 【今週の質問】私は大事なところでよくミスをしてしまいます。たぶんメンタルが弱いのだと思います。大舞台でミスをしないように確実性を上げたり、いつもいいスコアで回れる安定感を出すためにはどんな練習をしたらいいのでしょうか。

 大事なのは、スイングは毎回違うものだということを受け入れることではないだろうか。

 上達したいと熱心に思うプレーヤーは、練習熱心だ。正しい動きを追求し、反復して身につけ、さらに無駄を省いて精度を上げようとする。

 これは、プロのように毎日ゴルフができる環境があれば可能なのかもしれないが、普通は難しいこと。機械になることができればミスとは無縁になるだろうが、人間にはそれはできないことだ。

 こんな経験はないだろうか。調子がよかったのに、さらに高いレベルを追い求めているうちに調子が悪くなった。以前の打ち方に戻したいのだが戻せなくなってしまった…。

 この世の中に、同じスイングというものは存在しない。同じ人が同じスイングをしたつもりでも、季節や天候、体調、プレッシャーなどで、わずかに違ったスイングになる。

 グリップがしっくりこない、アドレスが決まらない、フィニッシュがいまいち…。いつも通りにテークバックしているのに、今日は何か違和感がある、ということもあるだろう。

関連ニュース