記事詳細

バックトス、大根切りで人気 元阪神・鎌田実氏が死去

 プロ野球の阪神、近鉄で好守の内野手として活躍した鎌田実(かまた・みのる)氏が1日午前9時30分、肺がんのため兵庫県内の病院で死去。80歳。兵庫県出身。阪神球団が2日に発表した。

 兵庫・洲本高から1957年に阪神(当時は大阪タイガース)に入団。主に二塁を守り、のちに監督を務めた吉田義男さんと二遊間を組んで、華麗な“バックトス”でファンを沸かせた。63年のフロリダキャンプでメジャーリーガーから教わり「ものにするまで4年かかった」芸術技だった。

 打っては悪球打ちで知られ“大根切り打法”と呼ばれたユニークな選手。67年から3年間近鉄でプレーした後、阪神に復帰し72年限りで現役引退。通算1482試合に出場し、打率・234、24本塁打、264打点。

 引退後は野球解説者として活躍したほか、阪神大学野球連盟の神戸大学海事科学部(既に退会)の監督も務めた。