記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】セクシーさハンパないっ! 最終日の主役は…予選落ちしたアン・シネだった (1/2ページ)

 優勝争いはどうでもいい!? 2週前の「センチュリー21」(7月26-28日=埼玉・石坂GC)の最終日にこんなシーンがあった。

 最終組が前半折り返しの9番ホールにやってきた。結果的に初優勝した稲見萌寧、ツアー2勝目を狙ったが崩れた原英利花、そして福田真未の3人。クラブハウス前にあるホールだけに大勢のギャラリーがいたが、ファンは9番に背を向けた!?

 「アン・シネだ~っ」

 熱視線の先に“セクシー・クイーン”で知られるアン・シネが練習グリーンにいた。大会は予選落ちしたが、「練習してもいいといわれたので来たの」。その姿がまぶしく“セクシー”だった。

 ショッキング・ピンクのタイトなワンピースで丈は膝上30センチ以上? いや、いわゆる見えそうで見えないような、いや見えるというか…という際どさ。すかさずわれ先にとスマホをかざして写真を撮る、撮る。オジさんたちの必死の姿があったのでした。

 今季シード権を持たないが、前半のリランキングで順位を上げて後半戦の出場権を確保。「これからも日本のツアーで頑張りたい。よろしく…」とほほ笑んだアン。今週の「北海道meijiカップ」からまだ8試合くらいは、その姿を見られそうである。

関連ニュース