記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】下半身の使い方は… 両ももを締めてフィニッシュ (1/2ページ)

 【今週の質問】下半身でリードしろとか、足を使えということをよく聞きますが、どのように使ったらいいのかわかりません。あまり右足で地面を強く蹴ったりすると、身体が動きすぎてしまう気がします。どこをどう使ったらいいのでしょうか。

 下半身の動きは、バックスイングで重心が右へ、ダウンスイングで左へと移るときに自然に起きるもの。ボールを投げるのもバットを振るのも同じ動きだ。

 よく下半身リードなどということもいわれるが、そんなことは意識しなくても、身体全体で思い切りクラブを振ろうとすれば、左サイドに踏み込むことになるので、勝手に脚は動く。これが下半身リードの動きそのものなので、特段、腰がどうとか、膝がどうとか、考える必要はない。

 下半身の動きが悪く、手だけで打つ形になっている人は、一本足打法のようにテークバックで左足を上げ、ダウンスイングで踏み込んでいくようにして打てばそれだけで脚の動きは理解できるはずだ。

 フィニッシュをしっかり決めるためにも下半身の動きは大事だ。あまりバタバタなりすぎると上体が動き過ぎてしまうので、脚の緊張感を保つようにした方がいい。

 いろんなフィニッシュのとり方があるが、私は最後に両方の太ももを接触するぐらいに接近させて、左足で体重を支えるような形にしている。これが一番バランスよくフィニッシュで立っていられるし、身体の回転もコンパクトに鋭く行うことができるからだ。