記事詳細

バスケ日本代表“八村頼み”で大丈夫か? 両軍最多35得点で格上NZ撃破も… 31日開幕バスケW杯へ課題 (2/2ページ)

 ただ、第3Qは八村が3ファウル目を取られ、「一発退場」となる5ファウルを避けるため出場はわずか3分10秒にとどまった。今後は相手が八村のファウルを誘う策を講じてくることも考えられる。チーム関係者は「そもそも試合に“出ずっぱり”というわけにはいかない。彼が退いている時間をどうしのぐか。(この日、右足首負傷で欠場した)渡辺雄太(グリズリーズ)が八村と“両輪”といえるくらい活躍できればいいけど…」と心配顔だ。

 “八村効果”で全強化試合がテレビ放映されるなど「かつてない露出。注目度は非常に高い」(協会関係者)だけに、“八村偏重”から脱却できるかどうかが、31日開幕のW杯(中国)の成績を左右しそうだ。(山戸英州)

関連ニュース