記事詳細

大谷、今季27度目マルチ 雄星は勝敗つかず

 エンゼルスの大谷翔平(25)は本拠地のパイレーツ戦に「3番・指名打者」で先発出場。1回無死一、二塁から、右腕ウィリアムズの真ん中付近の速球を逆方向にはじき返し、4試合連続安打となる適時二塁打。2試合ぶりの打点を挙げた。

 2回2死一塁でも再び左翼線に運び、左翼手のダイビングキャッチが及ばずに打球が転々とする間に俊足を飛ばして適時三塁打とした。複数安打は今季27度目。

 試合前には3日ぶりにブルペン入り。右肘手術後は9度目で、捕手を立たせて12球、座らせて10球ごとに1分程度の休憩を2度挟んで30球を軽めに投げた。

 マリナーズの菊池雄星(28)は、敵地のタイガース戦に先発し、3回1/3を9安打5失点、3三振1四球で、勝敗は付かず4勝8敗のままだった。3-1の4回に2本塁打を浴び逆転を許して降板した。試合は11-6で勝った。