記事詳細

J1湘南・チョウ監督“指導自粛”も選手の信頼厚く…パワハラ騒動長期化 (2/2ページ)

 また17日には、年4回開かれるチームとサポーターの公式ミーティングが行われる。真壁会長らフロント陣が出席しサポーターと意見交換をする場だ。

 7月上旬にJリーグへ情報提供をした人物は「匿名」で、その内容も公表されていない。一方で、チョウ監督を慕い2度目のレンタル移籍のオファーを快諾し、湘南にやってきた選手がいる。元日本代表MF山田直輝(29)だ。昨季3年のレンタル移籍を終えて所属先のJ1浦和に戻っていた。チョウ監督との信頼関係は厚い。

 また湘南は前節(第22節)、アウェーの磐田戦(11日=ヤマハ)で、前半終了直前に先制されたものの、後半3得点で逆転勝利を収めた。この試合前の段階で“パワハラ疑惑”が公になることは、チョウ監督も選手も認識していた。それでもこれだけ劇的な勝利を挙げることができたということは、少なくとも現有戦力とチョウ監督の間には、一定の信頼関係が存在するとみていいのではないだろうか。(夕刊フジ編集委員・久保武司)