記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ドローとフェード、打ち分けは必要? 軌道ではなく「フェースコントロール」で打ち分けろ (1/2ページ)

 【今週の質問】プロのトーナメントをみていると、ドローとフェードを打ち分けているという解説がありますが、これは一般アマにも必要でしょうか。

 最近のクラブは性能が良くなって、真っすぐのボールが出やすく、特別な技術も必要なく飛距離も出るようになっている。球筋の打ち分けも必要なく、クラブなりに打つのはいいが、それだけがすべてだと結論づけるのはとんでもない話だ。

 フック系のボールを打つかスライス系のボールを打つか。この打ち分けはゴルフでは絶対的に必要。球筋の打ち分けを追求することなくしてゴルフの上達はありえない。

 打ち分けの方法として、フェースは常に目標に向けたまま、スタンスをクローズにしてフックを打ち、スタンスをオープンにしてスライスを打つ方法が推奨されることが多いようだ。

 スタンスの向きを変えることで、スイング軌道をインから入れたり、アウトから入れたりと変化させることになるので、球筋を打ち分けることになるという理屈なのだが、必ずしもこれが一番いい方法とはいえない。軌道を変えるなんて難しい話だ。

 スイング軌道を金科玉条のように言うのはあまり賛同できない。私は何よりも大事なのはフェースの向きだと思うので、打ち分けもこれを調整する方法がわかりやすいし確実だと思う。

関連ニュース