記事詳細

【小西綾子のゴルフLIVE byスカイA】50代で世界に挑戦する斉藤裕子プロ 全米シニア女子オープン「優勝って日本人でもできるかも」 (1/2ページ)

 日本ツアー初優勝は30代半ば。2勝目は40代。そして50代になった今、世界に挑戦しているプロがいます。

 斉藤裕子プロ(51)。女子シニアのメジャー大会「全米シニア女子オープン」に2年連続出場しました。

 昨年から始まったこの大会には、かつてアメリカツアーで活躍した名選手らが集結。一方で斉藤プロは予選会を勝ち抜き、第1回大会に出場。見事5位に入る活躍をみせました!

 よって今年はシード選手としての出場。最終日最終ホールでなんと13メートルのバーディーパットを決め、結果は16位タイ。シード権を2年連続獲得したのでした!!

 プロ30年目。ステップ、レギュラー、レジェンズと、日本では全てのカテゴリーの試合に出場されています。

 「モチベーションは、やはり全米シニア女子オープン。厳しい戦いだけど、もしかしたら優勝って日本人でもできるのかもしれない…ってね」

 渋野日向子プロが42年ぶりに日本人海外メジャー優勝を果たした今、もうこれは夢ではない気がします!!

関連ニュース