記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】藤田光里 素振りは重要な「ルーティン」 常に同じことを同じ時間でやるように意識 (1/2ページ)

 ショット前のルーティンの動作のひとつに“素振り”があります。ルーティンが明確に確立されていなくても、素振りだけはしっかりやるという人も多いのではないでしょうか。

 ショット前の素振りで特によく見られるのが、実際にボールを打つときのように力いっぱいクラブを振り回している姿です。ボールをセットしてから少し後ろに下がり、目標方向を確認してビュンとひと振り。それだけで収まらず、間を取りながら二度、三度と目一杯の素振りを繰り返したあと、ようやくボールの位置にアドレスするという人も多いような気がします。

 このような素振りをするのは、おそらくスイングチェックが目的なのでしょう。しかし、プロゴルファーで目一杯の素振りをやっている人はあまり見かけません。

 もちろん、プロの中にもスイングチェックのために打つ前にクラブを振っている人がいます。しかし、どちらかというとゆっくりスイングをして肩の入り具合やクラブの軌道を確認するという選手が多いといえるでしょう。

 プロが何のために素振りをするのかといえば、私も含め、基本的にはショットのイメージを出すためです。どんな球筋で、どこにボールを落とすかは、すでに後方からターゲットを見たときに決めているので、それを確認しながら「クラブはこういう風に振っていこう」という意識で軽く素振りをしているのです。

 だから、素振りに掛かる時間も常に一定で、ルーティンが崩れることはないわけです。

関連ニュース