記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】藤田光里 素振りは重要な「ルーティン」 常に同じことを同じ時間でやるように意識 (2/2ページ)

 ただし、私はアプローチの時だけは、実際のスイングと同じようにクラブを振ります。理由は、ライを確かめるためです。順目、逆目はもちろんですが、ショットの時、ヘッドがどれくらい芝の抵抗を受けるかを、本番と同じスイングでチェックします。このときの素振りは必ず3回です。

 回数については、「昔からそうやっているから」としか答えようがないのですが、それも私のルーティンになっています。

 素振りはルーティンの重要な要素です。自分のやりたいようにやればいいと思いますが、常に同じことを、同じ時間でやるようにしましょう。

 ■藤田光里(ふじた・ひかり) 1994年9月26日北海道生まれ。2013年プロテスト合格。同年12月のファイナルQTではトップ通過を果たした。翌年は優勝こそなかったが初シードを獲得。2015年フジサンケイレディスで初優勝。しかしその後ケガに悩み、17、18年はシードを逃す。今年は、フジサンケイレディスで5位に入るなど復調の兆しを見せている。

 ゴルフネットワーク『ゴルフ真剣勝負 the MATCH』は、プロの直接対決をお届けする120分番組。8月は、藤田光里×江澤亜弥の同級生、同期の美女プロ対決。熱い対決を制するのはどちらだ?! 視聴問い合わせ(電)0120・562・034

関連ニュース