記事詳細

日本高校ダンス部選手権、横浜で開幕 福岡・柳川「スモールクラス」初V

 高校のダンス部日本一を決める「第12回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」(産経新聞社ほか主催、エースコック特別協賛)の全国大会が15日、2日間の日程で横浜市で開幕した。初日は、50チームが参加した「スモールクラス」(2~12人)の迫力あるダンスが披露され、柳川(福岡)が初優勝をつかんだ。

 準優勝は県立川崎北(神奈川)。優秀賞は鎮西(熊本)、山村学園(埼玉)、目黒日本大学(東京)、府立河南(大阪)、府立箕面(同)、県立伊勢崎清明(群馬)の6校だった。

 16日は「ビッグクラス」(13~40人)に50チームが出場し、躍動感あふれる演技を繰り広げる。