記事詳細

大谷が10試合連続安打! 走塁でも魅せたがエンゼルスは延長サヨナラ負け

 エンゼルスの大谷翔平(25)は19日(日本時間20日)、敵地でのレンジャーズ戦に「3番・DH」で先発。2回の第2打席に左中間適時三塁打を放ち、10試合連続安打を記録するなど4打数2安打、1打点、1四球。打率を・302に伸ばした。エンゼルスは延長11回、7-8でサヨナラ負け。

 相手先発はメジャー2年目の左腕、アラード。2回1死一塁の第2打席、大谷はカウント2-2後の5球目、87マイル(140キロ)のカットボールを左中間に運び、あっという間に三塁を陥れた。今季4個目の三塁打は本塁から三塁までわずか11・09秒だった。

 7回2死走者なしでは二塁手のグラブを弾く内野安打。昨季を上回る11個目の二盗を決めたが、得点にはつながらなかった。1回は打撃妨害で出塁。4回は二ゴロ、9回は四球。延長10回1死満塁のチャンスではバットを折られ二直。一塁走者が帰れず、併殺となってしまった。

関連ニュース