記事詳細

履正社、猛打で初の決勝進出! 2年生右腕・岩崎が1失点完投 全国高校野球

 全国高校野球選手権大会第13日は20日、甲子園球場で準決勝が行われ、履正社(大阪)が明石商(兵庫)を7-1で下して、夏は初めて決勝に進んだ。

 履正社が1回、立ち上がりに不安定さを見せた明石商の中森を攻め立て6安打で一気に4点を奪った。

 先頭の桃谷が三塁打を放ち、続く池田の左前適時打で1点。さらに、1死後に井上、内倉、西川の3連打で3点を加えた。履正社の2年生右腕、岩崎は1失点完投。降雨で悪化したグラウンドを整備するため、試合開始時間が約1時間遅れた。

関連ニュース