記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】王会長、4月に予言していた!「星稜・奥川ブレーク」 佐々木朗希フィーバーには冷静? (2/2ページ)

 さらに王会長は、佐々木について語る中で、今春の選抜では2回戦で敗退していた星稜・奥川の名前を出した。

 「(佐々木は果たして)奥川みたいにまとまっているのかどうか。新しいスターは今日のニュースのためではない。ドラフトまでじっくり見ているよ。(佐々木が)夏の甲子園大会に出たら、また大変な騒ぎになるのは間違いないだろうけど」と。

 さすが“世界の王”の慧眼というべきか。いの一番に佐々木の1位指名を公言した日本ハムは、改めて方針に変更がないことを強調。一方、じっくり検討すると宣言した王会長のソフトバンクがどんな最終判断を下すのか、興味は尽きない。(江尻良文)

関連ニュース