記事詳細

ソフトボール・上野由岐子、顎骨折から復活

 日本ソフトボール協会は22日、4月に打球を受けて顎を骨折した女子日本代表のエース上野由岐子(37)=ビックカメラ高崎=が23日から群馬県高崎市で行われる強化合宿に参加すると発表した。

 日本代表は30日から同市で開催されるジャパンカップ国際女子大会を控えており、上野も登録メンバーに入っている。

 上野は4月27日の日本リーグの試合で左顎に打球を受けて全治3カ月と診断され、所属チームでリハビリを続けていた。

 日本代表の宇津木麗華ヘッドコーチ(=監督)は以前から「心配なのは、打球を顔に受けたことがトラウマになっていないか。海外にはフェースガードを装着して投げる選手もいるが、日本人は重いと感じるかもしれない」と指摘している。2008年北京五輪金メダルの立役者が、東京で実力を発揮できるか。