記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】スイングの基本・美しいフォーム編 理想は「ガチャガチャしない無駄のないシンプルスイング」 (1/2ページ)

 ゴルフスイングを考えたときに、多くの人は腕を横に振って、クラブヘッドでボールを横から払い打とうとします。小さく軽く振っている間はこれでも良いのですが、強く振ると空振り、チョロにトップなど『えっ!?』と不思議な当たりが出てパニックに陥ってしまいます。

 結果、本を読んだり、周りの人にいろいろ言われて、何となくスイングを覚えていく人が多いでしょうが、いろんなクセがついてしまいます。ゴルフだけは、始めはプロに習った方がいいといわれるのは、これを直すのがなかなか困難だからです。

 そもそも、美しいフォームとは、具体的にどの様なスイングを言うのでしょうか?

 一言で言えば、「ガチャガチャしておらず、無駄のないシンプルなスイング」ということです。

 ゴルフは一発いい当たりが出たら成功というわけではないし、対人スポーツでもないのでトリッキーな動きで相手を欺く必要もありません。大切なのは同じ動作を繰り返し行えるということです。

 そのためには不必要な動作を増やすと失敗しやすくなるのは当然ですよね。伝言ゲームで、人を増やせば増やすほど不確定要素が増えて正確性を失っていくのと同じです。