記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】江澤亜弥“早打ち回避”へリズム&テンポをしっかり意識! (1/2ページ)

 私がいつもドライバーショットで気を付けているポイントが2つあります。

 1つは、アドレスの向きです。特にドライバーは他のクラブに比べてシャフトが長く、その分向きが狂いやすいので、スタンスだけでなく、肩、腰、膝のラインがターゲットに対してスクエアになるようにしています。

 もう1つは、早打ちにならないようにすることです。

 皆さんもよくやると思うのですが、ドライバーという一番飛ばせるクラブを持ったとき、ついついより遠くへ飛ばそうという気持ちが強くなり、スイングのリズムが早くなる、いわゆる“打ち急ぎ”が起こってしまうもの。

 その結果、ダウンスイングで体が開いてしまって手元が遅れてボールをしっかりつかまえきれなかったり(写真〔1〕)、このミスをなんとか補正しようとしてインパクトゾーンで急激に手首を返してしまい(〔2〕)、左サイドの林やOBゾーンに打ち込んだりというのはよくある話です。

 私もこのようなミスを犯さないために、ドライバーショットではリズムを意識し、他のクラブよりもゆっくり大きく振るように心掛けています。

 リズムは人によって取り方があると思いますが、私がいつも刻んでいるのは、「1、2、3」でトップまで振り上げて、「4」でクラブを振り下ろす4拍子のリズムです(〔3〕〔4〕〔5〕)。

関連ニュース