記事詳細

雄星6勝目、大谷は13打席ぶり出塁 ダルビッシュは登板回避

 マリナーズの菊池雄星投手(28)は1日、敵地でのレンジャーズ戦に先発し、5回を6安打3失点、1三振で6勝目(9敗)をあげた。試合は11-3。

 1回に連打と死球で1死満塁とされ一ゴロの間に1失点。3回は連続長短打と内野ゴロで2失点したが、4、5回は無失点。7-3とリードして交代した。79球だった。

 エンゼルスの大谷翔平(25)は、レッドソックス戦で先発を外れ、2点を追う6回2死二塁で代打出場。四球を選び、13打席ぶりに出塁した。

 カブスのダルビッシュ有投手(33)は1日、シカゴでのブルワーズ戦に先発する予定だったが右前腕部の張りのために登板を回避した。負傷者リストに入る予定はなく、7日に敵地で行われるブルワーズ戦には登板する見込み。

 アストロズのジャスティン・バーランダー投手(36)が同日、敵地ブルージェイズ戦で自身3度目のノーヒットノーランを達成。14奪三振1四球。3度達成は史上3人目で今季は17勝5敗。