記事詳細

白鵬、日本国籍取得 現役引退後、日本相撲協会に残る資格

 大相撲で史上最多の優勝42回の優勝を誇るモンゴル出身の横綱白鵬(34)=本名・ムンフバト・ダバジャルガル、宮城野部屋=が日本国籍を取得したことが、3日付の官報で告示された。年寄名跡の襲名には日本国籍が必要で、白鵬は本人が希望しているように、現役引退後に親方として日本相撲協会に残る資格を得た。6月にモンゴル国籍離脱を承認されていた。

 白鵬は、2020年の東京五輪を現役の横綱として迎えることを目標に掲げる一方、引退後は後進の指導に当たる意向を示していた。

 外国出身の歴代横綱で日本国籍を有するのは、米国出身の曙、武蔵丸(現武蔵川親方)に次いで3人目。モンゴル出身では同国勢初の師匠となった友綱親方(元関脇旭天鵬)らが日本国籍を取得している。

 現役時代に著しい功績を残せば、引退後に現役名のまま親方になれる「一代年寄」を授与する例があり、過去に大鵬や北の湖、貴乃花がいる(千代の富士は辞退)。