記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】右向きのアドレスを直したい… スクエアなアドレスにこだわる必要はない! (1/2ページ)

 【今週の質問】私は右を向いて構える癖があるようです。よく右へのミスが出て、そのたびに友人から「また右を向いていた」と言われます。そのため、スタンスや肩のラインをスクエアなアドレスにしようとするのですが、こうするととても打ちにくくて、当たらずにチョロが出てしまいます。

 スタンスをスクエアに構えれば(写真〔1〕)、まっすぐ飛ぶというのはあくまでも目安である。人間の体はもともとゴルフをやるためにできているわけではないし、打ち方も人それぞれなので、スクエアにこだわる必要はない。

 スタンスの向きを変えただけで、劇的にうまくなる人がいる。私もどちらかといえば右向きに構えて引っ張り込むように打つのが打ちやすいし、飛距離も出る(〔2〕)。

 その日の調子にもよるが、スクエアに構えると何となく開きが早くなる感覚があって、いまひとつうまくつかまってこないときがある。だから、スクエアに構えると当たらないという感じもわかるし、実は皆さんの中にもスクエアにこだわりすぎることが上達の妨げになっている人もいるのではないかと思う。

 だから右を向いた方が打ちやすいというならば、それを直す必要はない。それで右にミスをしたときに「右を向いていたからだ」というのは短絡的というものだ。

 しっかりインパクトできるならば少しぐらい右に行っても構わないし、フックして戻ってくる。どうしても目標の方向に打ち出したいなら、もう少し左に打ち出す気持ちを持てば十分で、アドレスまで変える必要はないだろう。

関連ニュース