記事詳細

【松本秀夫 プロ野球実況中継】雨天の影響で延々1時間“つなぐ”羽目に… 前代未聞の「グラウンド整備実況」やりました! (1/2ページ)

 3日は横浜スタジアムのDeNA-阪神戦が「落雷の恐れあり」ということで再三中断の上、ノーゲームに。各地で天気が不安定です。

 先週末は甲子園の阪神-巨人戦の中継。こちらもお天気は気まぐれで、私の担当した8月30日は夕方5時前にゲリラ豪雨で球場が水浸しに。しかし、やがて雨は収まり、予定より1時間遅れの午後7時にプレーボールがかかりました。なんと解説の江本孟紀さんと私は延々1時間“つなぐ”羽目になりました!

 今後のペナントレースの予想、リスナーの皆さんからいただいたツイッターやメールのコメント紹介を中心に進行したのですが、ついついしゃべりたくなってしまったのが、グラウンド整備を担当する阪神園芸さんの“巧みの技”。

 「ファウルグラウンドに敷かれたブルーシートを10人ほどの係員の方が慎重に運んで…排水エリアに移動しました! 土の部分には1滴の水もこぼれていません!!」

 「ダイヤモンドを覆っていたグレーのシートが外野に運ばれました。そして大きなシートが折り紙のようにたたまれていきます!」

 江本さんも「これはもはや芸術ですよ」とひたすら感心していました。

関連ニュース